#mowlsコラム -派生機種

・#mowls History vol.5

 

#mowlsコラムもいよいよ最終日となりました!!

過去に公開済みのコラムは下記リンクよりそれぞれご覧いただけます。

1.#mowlsコラム -旧型Surveillance-

2.#mowlsコラム 担当設計と紐解く -新型Surveillance-

3.#mowlsコラム -Surveil

4.#mowlsコラム -Vigilancia

#mowlsコラム 最終日の本日は、#mowlsシリーズにインスパイアされた派生機種のPick Up特集です! 是非最後までお楽しみください!

 

1. MRL03 -Surveillance 

 

-MRL03 -Surveillance

Surveillanceの形状をサンプリングして開発を進めたMRL。

開発コードネームは"サーベイランスミニ"。

王蛇をモチーフにしたこちらのアートワーク解説も、発売時のブログに掲載されています。 

MRL03のアートワークを手掛けたKALON DESIGN STUDIOより、MRL03 は手掛けたmowlプロダクト最初で最後の未発売アナログ作品である事が公表されています。

※後にM KALON EXHIBITION EDITIONもアナログ制作されましたが、原画も同時に限定発売されたため非売品として残っている原画はMRL03のみ。

MRL03の開発時に一番最初に提出された上記のデザイン案は製品化されずに今も未発売原画作品としてmowlオフィスに保管されています。

mowl Pop Up StoreやKALON DESIGN STUDIO個展会場内ではこのようなmowlヨーヨーの未公開原画なども生で体験できますので、mowlヨーヨーの性能だけでなくアートワークにもご興味のある方は是非イベントなどにもご参加いただけると嬉しいです!

フェイスの王蛇にインスパイアされたパイソン柄で作成したSurveillanceのオリジナルフォントをリムに彫刻。どの角度から見ても立体物として楽しめる作品に仕上がりました。

『mowl ヨーヨーのアートアーク制作は、Rawで生まれた機体にmowlの世界観の中でプロダクト形状を生かした唯一無二の個性を与える作業。

新作が更新される度に限界突破を求められます。

特に#mowlsシリーズは、目と文字盤というコンセプトの中で形状と性能を考慮しながらアートワークもアップデートを続けていく必要があり、常により良い作品を生み出すには根気と体力と計り知れない想像力が必要になります。

しかしながら、mowlプロダクト制作の要となる設計担当や映像クリエイター、プロデューサー奥山さんは常に高いレベルで想像の120%以上の作品を提出して下さるので、アートワークだけが80%の完成度では当然許されません。笑

それが故に、mowlプロダクトは常に進化を続け、"これまでになかったもの"を世の中に提供できるのだと確信しています。

そういうプロ意識の高いクリエイターさん達の世界の中でお仕事ができることは本当に誇らしいことです。』

-Mizuki Nakayama (KALON DESIGN STUDIO)

KALON DESIGN STUDIO Instagram : https://www.instagram.com/kalon_design_studio/

KALON DESIGN STUDIO Twitter : https://twitter.com/KALON_JAPAN

 

MRL-03 Surveillance
Diameter: 52mm

Width: 41.1mm
Weight: 59grams

・Surveillance HPF

 

-Surveillance HPF  発売日:2022年2月5日

Royal Blue / Polished Silver Rim

Varsity Red / polished Silver Rim

絶対的世界王者として世界大会3A部門 3連覇を果たしたHank FreemanモデルのSurveillance派生機種HPF。

アートワークは1st Surveillanceのアートワークを担当したJun Mikami / Hibari が担当し、カラーはRoyal BlueとVarsity Redの2色展開。

大会シーンを退いた現在もなお進化し続けるHank Freemanの実力と功績は、語らずともSurveillance HPFプロモーションビデオを見れば容易に想像することができます。

こちらの映像もこだわりのカメラワークと編集スキルが詰め込まれた作品になっていますので、是非そういう視点でプロモーションビデオも1つのmowl作品としてお楽しみいただけると嬉しく思います!

こちらのプロモーションビデオも、 mowl Official Youtubeチャンネルにて公開されています!

mowlブランドイメージカラーのDark Greenは3月下旬発売予定。 

Surveillance HPF / Dark Green / Matt Black Rim

2022年2月下旬発売予定   

 

Surveillance HPF

Diameter(直径): 55.9 mm
Width(横幅): 42.8 mm
Weight(重量): 64.8 grams
Retail Price(定価): 22,000 JPY

 

・Surveillance Ti 

 

-Surveillance Ti (Raw)  発売日:2020年2月9日

サーベイランスをフルチタン化。

オリジナルのサーベイランスが持つ安定感に磨きをかけ、更に約2gの軽量化に成功したことで小さい力でも動かしやすくアップデートされた超高性能派生機種。

素材の強さを生かしたSurveillance Tiのプロモーションビデオもmowl Official Youtubeチャンネルにて公開中です!

Surveillance Ti No Logoが発売された2ヶ月後の4月4日、1st SurveillanceのRegular Logoを継承したモデルが発売され、Surveillance Tiは素材の可能性を模索しながら独自のゆっくりとした製品展開を続けてきました。

-Surveillance Ti / Raw / Regular Logo 2020年4月4日発売

 

Surveillance Ti (Raw)

Width(横幅): 42.66mm

Diameter(直径): 55.94mm

Weight(重量): 64.2g

 

独自の製品拡大の試みの1つとして次に発売されたのが、Surveillance Ti "βeta" 。

人気の高いカラーのプロダクト化を視野に入れ、mowl初の試みとして国内工場に陽極酸化処理を依頼。

1点物のプロトタイプとして発売された為、世界に4つしか存在しない超希少モデルとなっており、このコラムで初めて知る方も少なくないかもしれません。

発売日:2020年8月22日

Surveillance Ti "Radical Chemical "

Surveillance Ti "Sparkle Sunrise"

Surveillance Ti "Golden Leaf"

Surveillance Ti "Vivid Poison"

Surveillance Ti βeta のカラー詳細は発売時のブログに記載されています。

プロトタイプとして発売されたSurveillance Ti  βetaは即日完売。

さらなるチタン素材の可能性に期待を生んだプロトモデルとなりました。

-最後に

以上で#mowls 派生機種特集、並びに#mowlsコラムは終了となります!

1週間を通してお目通し頂いた皆様、本当にありがとうございました。

ただ市場に新しい商品を並べるのではなく、製作・開発についても皆さんに楽しんでいただけるコンテンツを今後とも積極的に増やしていければと考えております!

是非明日の#mowlsシリーズ新色発売情報もチェックしてみてください!

LINE: https://lin.ee/uhstHiw
Twitter: https://twitter.com/mowl_official
Instagram: https://www.instagram.com/mowl_jp/
Facebook: 
https://www.facebook.com/mowlofficial